タンブラーを7年間愛用している私が、購入する時のプチポイントをお伝えします!

タンブラーどのくらい冷えるのか 雑記
スポンサーリンク

タンブラーどのくらい冷えるのか

タンブラーというアイテムを知っていますか?

↑写真がまさにそうです。

冷たい飲み物は長時間冷たく、

暖かい飲み物は長時間暖かく、

保ってくれるコップです。

もちろん知ってはいるが、実際に購入し使ったことない人もいると思います。

今回は、そんなタンブラーについて、7年間使用している私が実際の使用感をレポートします。

普通、ビールを飲むペースが遅いとビールはぬるくなる。

私はビールを飲むペースがとても遅いです。

飲むペースが速い人は、冷蔵庫から出した冷たいビールを、そのままの冷たい状態で飲むことができますね。

これはある意味羨ましいですね。

これが、私みたいに飲むペースが遅い人の場合はどうでしょう?

わかると思いますが、ビールがだんだんぬるくなり、冷たくおいしい状態では飲めません。飲むペースが遅い人は損をしていますね。

 

実は、私がこれにあたります。

いつも晩酌をしますが、おかずも食べたいし、ビールも飲みたい。そうこうしていると、ビールがなかなか減りません。

そして、ぬるくなります。

ぬるくなったビールは、一気に美味しさが落ちます。

つめたいビールは惜しいのに、ぬるくなっただけで、飲めないくらいまずくなります。そして、もったいないですが、残してしまいます。

居酒屋の生ジョッキは、冷たいをキープしてくれる。

居酒屋さんなどでは、生ビールを頼む方が多いと思います。

あれも、なかなか冷たいをキープしてくれてると思いませんか?

理由は、グラスをあらかじめ凍らせてあるのと、そのグラスが分厚く保温性があるためです。

という事は、家庭でもあらかじめグラスを冷やして置けば、冷たいをキープしてくれますね。

あとは単純に…居酒屋という場所が、ビールを飲むペースを早くしてくれるので、冷たいまま飲めるという理由もあるかもしませんね。

私はタンブラーを使用しています。

私はすでにタンブラー愛用者です。

もう7年近くになります。

そして、毎日使用しているにもかかわらず、7年前に買ったタンブラーは壊れません。タンブラーは丈夫です。

タンブラー オススメ

私のタンブラーは、ちょうど350mlの缶ビールと量的にマッチします。実はこれは狙ったわけではなくて、購入後にわかったことです。ラッキーでした^^

メーカーなどは忘れましたが、どこにでも売っているタイプです。

もちろん、500mlの缶ビールだと溢れてしまいます。500mlリットルで缶ビールを飲むのが常な人は、そのサイズを購入しましよう。

ビール1缶の量=タンブラーの容量 というマッチングはとても大切だと思っています。

 

例えば350ml用のタンブラーに500mlのビールを注ぐとすると、タンブラーに入りきらず、缶に余ってしまいますね。

その缶に余ったビールはどんどんぬるくなってしまいますから。

たとえ自宅で使用するとしても、あまったビールを冷蔵庫に入れるひと手間は、煩わしいものです。

※ただし、500mlの容量があるタンブラーというのはなかなか見つからないかもしれません。デザイン的にもオシャレから遠くなると思います。ですので、現実的には350mlがベスト容量かなと思います。

タンブラーの保温力をものすごく実感した出来事

私はビールも好きですが、コーラも好きです。

ある夏の夜、冷たいコーラをタンブラーに入れます。そして十分冷たいのにもかかわらず、さらに冷たく飲みたいと思い、氷を少量入れました。

夜の11時ころの事でした。

しかし実際には半分ほど残し寝てしまいます。

そして、朝起きて、気づいたことがあります。

まだ、タンブラーの中の氷が解けずに残っている…。とうぜんコーラも冷たいまま。

真冬ならそれほど驚きませんが、真夏の出来事です。

タンブラーの保温力恐るべし。

タンブラーが活躍してくれる場所

タンブラーはアウトドアで、その効果を発揮してくれると思っています。

特に夏の時期のバーベキューなどは、タンブラーが大活躍してくれます。

気温が高い夏では、缶ビールなどはあっという間にぬるくなりますね。

飲むペースが速い人なら間のままでも問題ありませんが、飲むペースが遅めの人は、すぐにぬるくなってしまいます。

これを、もしタンブラーに入れていたとしたら、飲むのが遅い方でも、いつまでも冷たい状態で飲めます。

 

私は良くバーベキューやキャンプをします。タンブラーは必需品です。

過去に、タンブラーを持っていくのを忘れたことがあって、それだけで気分がスッキリしませんでした(^^;)

お勧めのタンブラーについて

現在、さまざまなメーカーがタンブラーを製造していますね。

どれにしようか迷うと思ます。ネットでも買えますし、いまではどこのショッピングセンターでも陳列されています。

私は、保温力についてはどれも変わらないような気がします。どのタンブラーも、あなたのイメージする保温力を満たしてくれると思います。

ですので、私個人的にはタンブラーの購入決め手は、

・気に入ったタンブラーのデザイン
・いつも飲む飲み物の量=タンブラーの容量

でいいのは出ないかと思っています。

特に、後者のタンブラーの容量が大切だと思っています。

実際に、もし、私が今のタンブラーが壊れてりなくなった利した場合は、この2つのポイントを意識して選びます。

 

この先、タンブラーを購入する方は、ぜひ検討してみてください。

カテゴリー
雑記
アラフォー男性のヘルスケア
タイトルとURLをコピーしました