ダイソン掃除機の値段の違いは何?家電量販店の販売スタッフに聞いてみた!

ダイソンスティッククリーナー 生活お役立ちアイテム

掃除機と言えばダイソン。そんなイメージありませんか?

数年前からイギリスの電気機器メーカーであるダイソンが、日本おそうじ機業界シェアをかなり占めるようになりました。

以前はコードありの掃除機が主流でしたが、現在は充電式のスティッククリーナーが主流となっています。

値段も過去にはハイグレードモデルでも3~4万ほどでしたが、現在では9万円近いモデルもあります。

この値段の差はいったい何だろう?と思ったことありませんか?

私自身がまさにそうです。

関電量販店のダイソンコーナーの前を通るたびに思います。ハイグレードモデルの商品一覧の中でも5万~9万ほどと差があります。

見た目は色の違いくらいしか分かりません。

今回はこの値段の違いについて、ヤマダ電機さんで店舗スタッフに聞いてみました。

ダイソン掃除機の値段の違いは、付属品の違い。

私の中で、掃除機はハイグレードモデルの中でも吸引力の違いが値段に反映されているのだろうと思っていました。

しかし実際には、「付属品の違い」という回答でしした。

ダイソンハイグレードモデルシリーズの値段について

Aタイプには、「標準のノズル」「隙間用ノズル」「ブラシノズル」という付属品です。

Bタイプには、さらに「ミニモーターヘッド」「コンビネーションモデル」「ミニブラシノズル」が付属している。

という具合です。

もちろんこれだけではなく、「連続運転時間:バッテリー性能」の違いというポイントもあるようです。

 

私の中では、掃除機の値段を決めるのは吸引力の違いだと思っていただので、これらの回答は以外でした。

ダイソン掃除機と国産の掃除機との吸引力の違い

お話しいただいた店舗スタッフの方に、吸引力としてはどのメーカーが一番強いのですか?と聞いたところ、やはりダイソンが一番だという回答でした。(ハイグレードモデルクラスの掃除機メーカーの場合:ダイソン、パナソニック、東芝、日立、シャープ、三菱電機)

掃除機で吸引力よりも大切なポイント

吸引力の事を中心に聞いていましたが、実際には吸引力と同じくらい大切なポイントがあります。

それが、「ブラシの能力」だそうです。

どれだけゴミをキレイに吸い取ってくれるかは、ブラシの能力、性能、働きもポイントだそうです。

確かに、運転していて静音で吸引力が弱いと感じても、それに見合わずかなりゴミ取り能力が強いと感じました。

ダイソンスティッククリーナーのデメリット

いろいろ掃除機の話を聞いている中で、掃除機自体の性能とは別の視点ですが、スティッククリーナーのマイナスポイントを知りました。

それは、壁に穴を開けないといけない事。

スティッククリーナーは基本的に壁掛けで充電します。その「充電受け」の方は壁に設置することになり、ネジ止めが必要です。

だいたいネジ2本で「充電受け」を壁面い設置することになります。

賃貸物件などで、壁に穴をあけるのに抵抗ある場合は、購入をためらうと思います。

壁に穴を開ける必要がないスティッククリーナー

ハイグレードモデル掃除機の中で、三菱電機の一部のモデルは自立式で充電可能です。壁面に取り付けて充電するタイプではないので、壁にネジ穴をあける必要がありません。

ダイソンやパナソニック、東芝、シャープなどのスティッククリーナーは、すべて壁に穴あけが必要になってしまいます。

パナソニックの掃除機を購入しました。

パナソニックスティッククリーナー

結局、ダイソンではなくパナソニックのスティッククリーナーを購入しました。写真は自宅に設置した社員です。

決め手は店舗スタッフの言葉とデザインです。

掃除機売り場:店舗スタッフの言葉
「正直、どのメーカーも同価格帯であれば性能や吸引に関しては大差はない」との事です。

デザインについて
ダイソンの掃除機は、どこにでもあるので見慣れてしまって新鮮さがありません。

ですので、私は他のメーカーも検討していました。

そこで気に入ったのがパナソニックのスティッククリーナーのデザインです。

性能に関しては、ハイグレードモデルクラスならダイソンや国産に限らずどのメーカーもそれほど差はないとの事。

ですので、パナソニックの黒くシャープなスタイリッシュデザインのモデルが気に入り購入しました。

パナソニックスティッククリーナーの使用感

掃除機らしい音はしますが、まったく不快ではありません。
スイッチをオンにすると、徐々に音が出恥じめるタイプです。

自動で吸引力がわかります。
推して掃除する時、引いて掃除する時などで吸引力が勝手に変わります。

コードがないので階段も楽にお掃除できます。
有線の場合はお掃除できる範囲が限られますが、充電式なのでどこにでも持ち歩けます。車の中でもOKですね。

狭いところもそのままのノズルでお掃除できます。
通常の場合、狭く細く奥まっている部分は、掃除機の先端ノズルを飼えないといけませ。普段使用しているT字タイプの幅広ノズルではせまいばしょに入りませんから。それが、私の買ったモデルは、T字ノズルがそのまま奥まった場所にも入り込めるという特殊なノズルでした。

まとめ

同価格帯の掃除機なら、ダイソンでも国産でも性能に大差はありません。

掃除機を買おう!と店舗に行ってみたものの、どれにしようかなかなか決めきれない場合もあります。

そんな時は、気に入ったデザインで購入を決めてもいいと思います。

購入後に後悔することがあっても、使用しているうちになれるものです。

購入した掃除機を何度も使用していると、そのスペックを引き出せる掃除機の使用方法(かけ方)が身に付くものです。

タイトルとURLをコピーしました