ホンダのNバンの価格は?燃費は?そして、荷台にたくさん荷物が積めるようにカスタムしてみた!

HondaNバン 雑記
スポンサーリンク

ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費
2018年夏に発売されたホンダのN=VAN

商用貨物車としての区分ですが、実際の乗り心地は乗用車レベルです!

私は2019年の10月末に納車。それより、3か月間ほど乗っていますが、大満足。

貨物車特有のうるさいエンジンの音もしないし、
ハンドルも軽い、インパネデザインも悪くない。

こちらのページでは、そんなNバンについて3つの項目に分けてご紹介いたします。

・一つ目は価格について
・二つ目は燃費について
・三つ目は荷台について

3か月か乗っている生の声をお届けいたします。

特に、「二つ目の燃費」と「三つ目の荷台」については、メーカー公表のパンフレットなどではわかりにくい部分がありますので、かなり参考になると思います。

Nバンの4つのグレードとそれぞれの価格

Nバンには4つのグレードがあります。そしてそれぞれ価格が異なります。(価格についてはたのサイトでもいくらも紹介されているので、ざっと書いていきます。)

G・Honda SENSING

¥1,267,920~¥1,377,000(税込)

この「~」はオートマチック、マニュアル、四駆などの違いです。

Nバンのスタンダードモデルです。装備を簡素化し、価格を抑えた車種です。ボディカラーは白とシルバーのみです。

外観はドアノブやバックドアノブエリアが黒色のため、完全に商用貨物やデザインです。

L・Honda SENSING

¥1,341,360~¥1,450,440(税込)

この「~」はオートマチック、マニュアル、四駆などの違いです。

Gタイプよりも、外観のデザイン性が多少乗用車っぽいです。ドアノブやバックドアノブエリアがその車のカラーです。(ボディが白なら、ドアノブも白)

ボディカラーは白とシルバーのみです。

私はこのLタイプの白を購入し載っています。Gタイプより10万ほど高いですね。

オプションのナビ装着用スペシャルパッケージが選べるのも「L」からです。

+STYLE FUN・Honda SENSING

¥1,560,600~¥1,691,280(税込)

この「~」はオートマチック、マニュアル、四駆などの違いです。

G,Lと同様高ルーフです。

+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING

¥1,668,600~¥1,799,2800(税込)

マニュアル車はなく、オートマチックのみです。2輪か4輪の違いです。

このモデルだけロールーフでテールゲートスポイラーが取り付けられます。

Nバンの燃費について

私はホンダのLシリーズに載って3か月ほどになります。

基本的には私一人で乗っていて、75キロほどの仕事道具を常に載せています。

そんな条件での燃費ですが、

・街中の運転で、だいたい14~15㎞です。

・高速だと20㎞走ります!

一度の給油で22ℓほど入ります。
満タンにすると、レギュラーガソリン135円(2019年1月現在)×22リットル補給で¥2970です。

一度の満タン給油で330~370㎞ほど走ります。

Nバンの荷台について。まずは、デフォルトの荷台の様子。

ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

これがNバンの後部座席を倒した状態です。

※Nバンはさらに助手席も倒せますね。このあたりの事は、メーカーのカタログを参照にして下さい。

このデフォルトの荷台の状態ですが、他メーカーの軽貨物車であるダイハツのハイゼットカーゴ、スズキのエブリィバンなどと比べると、長さで30cm劣ります。

また、荷台の後部はタイヤのスペースがかぶり、その分が狭くなっています。

ですので、ハイゼットカーゴやエブリィバンなどとくらべると、床面積で70%を切るくらいです。ただし、そのぶん高さは高めで120%くらいありますのでこれを活かします。

Nバン荷台のカスタムの様子を写真付きでご紹介。

私は日曜大工が好きです。この車の荷台をたくさんの荷物が積めるようにホームセンターで購入した木材でカスタムしました。

コンセプトは

①後部座席も乗れるように。…運転席以外のチェアの座り心地は良くありません。ですが、せっかくですので、人が載れるようにという事も意識しました。

②小物はかくしてスッキリした収納に。…引き出し式にして、小物はそこに入れます。

③道具の取り出しを楽にし効率よい搬入搬出ができるように。…奥の物を取り出す時に、一度手前の物を出さないといけない…これをできるだけなくします。

Nバン荷台のカスタムの様子を写真付きでご紹介。

ホームセンターで購入できる木材で作成します。

ネジ打ちするインパクト、丸ノコ、普通ののこぎりなどが必要です。僕は自前を持っていますが、このあたりの道具は数百円でホームセンターでレンタルできます。ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

あらかじめ設計しておく…というわけにはいかず、納車後にNバン現物と照らし合わせて作りました。奥のBOXはのちに、引き出しとなります。もちろんこのBOXも作成です。ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

上に板を貼り、天板が荷物の重さでたわまないように丈夫な金属で補強。

ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

このような状態になります。3分割しているのは、どの部分も単体で取り外すせるようにするため。

ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

このように後部座席の片方だけ使用できるという状況です。ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

実際に荷物を載せてみます。

これは運転手の後ろ部分です。ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

これは、車左側の様子です。ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

これは後部側。ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

長物は天井に収まるようにしました。

脚立やポールなどの長いものは天井部分に収納できるようにしました。ただ、これはあらかじめ購入時にメーカーオプション購入で、「荷台上部サイドバー」「サイドバー橋渡しポール」を申し込んでおかないといけません。

これは助手席側から天井を映した写真です。
天井の色がグレーでしたので、同じような色で合板を塗装します。それを橋渡しポールに乗せ、固定します。ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費天井の照明が役に立たなくなりますので、合板に乾電池式の照明器具を固定で設置しました。

後部ドアから撮った写真です。合板下部にさらにちょっとした長物を載せれるようにポールを取り付けました。(写真右側、傘が載っています。)ホンダ Nバン van 荷台 広さ 価格 燃費

※ただし、脚立は5尺までしか乗りません。それ以上は、荷台に直接乗せるか、ルーフキャリーに乗せるとなります。

※室内に乗せた場合でも、助手席が倒せるので7尺までは載せれそうです。

あとがき

今まで私はダイハツのハイゼットカーゴに載っていました。

エンジンの調子が悪くなり、燃費も当初満タンで400キロ乗れたのが300キロにとどきません。

そこで買い替えを決意。そのタイミングでホンダのNバンが発売されました。
他メーカーの貨物車と比べ、重視したのが乗り心地。

運転時、後ろを振り向けば貨物車ですが、運転席まわりは乗用車デザイン。ここが気に入りまいた。

ディーラーに見に行ったときは床面積の狭さに迷いましたが、カスタムすればどうにか載せれると感じました。

荷台をカスタムして3か月ほどたちますが快適です。ハイゼットカーゴのときに載せていた道具もほぼすべて載せれています。

Nバン カスタム 荷台 広さ スペース ハウス エアコン 乗り心地

↑まだまだ載せれます。

また、このNバンですが、助手席側がフラットにできます。ですので、さらにこのエリアにも追加で荷を乗せることもできます。
Nバン カスタム 荷台 広さ スペース ハウス エアコン 乗り心地

助手席ドアと後部ドアの間にあるはずの支柱もないので、荷物の出し入れも簡単です。
清掃用品の床を磨くポリッシャーなどはハンドルを斜めにすればこの位置に入ります。

価格に関しては決して安くありません。新車で100万で商用貨物車という予算であれば、Nバンはマッチしません。

私は結局170万ほどで購入しましたが、乗り心地、燃費の良さ、デザイン性などで大満足しています。

今後の買い替えの時、このNバンを検討してみてはいかがでしょうか?

追記:3か月間Nバンに乗ってみて気づいたマイナスポイント。

数か月間乗ってみて、Nバンのマイナスポイントも見えてきましたので、そちらのお話もさせていただきます。

・加速が弱い。これはターボをつけていないせいもありますが、やはり加速に関しては商用車だなという印象です。

・左折時に視界が狭くなる。←これ、けっこうマイナスポイントです。赤丸で囲った部分ですが、通常の車よりも幅が広いです。左折時にはここが邪魔になります。

Nバン 価格 荷台

後者の左折時に視界が悪くなる点、乗ってみて気づいたことですが、ここだけマイナスぽいとです。

カテゴリー
雑記
アラフォー男性のヘルスケア
タイトルとURLをコピーしました