【一人暮らし男性の節約料理生活】保温弁当箱を活用して、食費を抑えよう!

ランチジャー本弁当箱 一人暮らし男性の節約料理生活
スポンサーリンク

私はアラフォー一人暮らし男子です。

一人暮らしだとどうしても「外食」という選択がチラつきます。

時々ならいいと思うのですが、頻繁に外食となると、やはり食費がかさみます。

また、栄養も間違いなく偏ります。

男性の外食となると、ラーメンや、牛丼といったお店が中心になってしまいますので。

私は、自分で言うのもなんですが、かなり自炊をしている方だと思います。

食費の節約意識ももちろんですし、バランスのとれた栄養摂取も意識しています。

夕食の自炊というのは、比較的楽にできますね。買いだめしておいた食材を使用しての自炊だったり、仕事帰りに今日の献立を考えながら買い物をしたりと。

そんな中で、昼食だけは自炊できません。

いったん家に帰って自炊料理をして、また仕事に戻る。こんな時間に余裕のある人はいないでしょう。

となると外食、またはコンビニ弁当となりますが、それでは節約になりませんね。栄養面でも不安です。

では、どうしたらいいのか?

そうです。自炊弁当です。

私はこれを心がけています。

ここであると便利なアイテムが「本弁当箱」です。

夏などは必要ないかもしれませんが、秋から春にかけては私にとって必需品です。

なぜなら、暖かいスープが飲めるから。

カレーライスも暖かいまま食べられるから。

今回は、そんな保温弁当箱についてご紹介していきます。

一人暮らし男性にお勧めな保温弁当箱の種類について

まずは、保温弁当箱といってもいくつか種類があります。男性向けだったり、女性向けだったり、食べ物によっても適切な種類がありますので、まずは、保温弁当箱の種類についてお話させていただきます。

【ご飯だけジャー】


ご飯だけ保温ジャー

その名の通り、ご飯だけを保温できる弁当箱です。おかずやスープ類は入りません。ですので、コンビニでおかずだけ買っておいて、ご飯だけは自前という使い方になります。

ご飯の量はたくさん入ります。

【ランチジャー】


ランチジャー本弁当箱

お弁当全体を暖めて置けるタイプです。ご飯ボックスとスープボックスとおかずボックスの3っつが一つの魔法瓶に入っています。一番オーソドックスな保温弁当箱です。

あらかじめ知らないとガッカリする点があります。それが、おかずボックスは保温、保冷効果が薄いという事。ですので、冬の時期にはおかずは冷たいです。これは、どうやら30℃~40℃で菌が繁殖するので、傷みやすいおかず類は常温キープがベストという考えからきているようです。

【丼ものタイプ】

丼弁当箱
その名の通り、丼ものを温めておくのに便利なタイプです。牛丼ものや、カレーなどもOKです。容量が大きいタイプが多いので、がっつり食べたい男性向けです。

【スープジャー】

保温弁当箱 スープジャー
おもに汁物オンリーのタイプです。これはどちらかというと女性向けです。ご飯などは入れられません。イメージしやすいのが、ポトフやシチューを暖かく入れておくための保温弁当箱です。

保温弁当箱を選ぶポイント

保温力について
保温弁当箱というからには、保温力は気になる所ですね。特に冬場などは、お昼ご飯に暖かいスープ類が飲めるのは至福です。

電子レンジ対応できるかどうか
もし、ご自分のランチ環境が電子レンジを使用できる環境であれば、保温弁当箱の中のボックスをそのままチンできるタイプがオススメです。

食洗器で洗えると便利
一人暮らし男性宅に食洗器が設置してることままれだと思います。もし、ご自宅に食洗器があるのであれば、食洗器対応の保温弁当箱もご検討してみはいかがでしょうか?

サイズ
ケースを含めたサイズや形と、内容量のサイズ、両方とも考慮する必要があります。特に前者のケースサイズや形ですが、縦長の保温弁当箱は車の急ブレーキなどで倒れることもあります。ご自身の使用スタイルをイメージしてみて下さい。

一人暮らし生活男性にとって、オススメの保温弁当箱のご紹介

「ご飯だけじゃー」と「スープジャー」は、一人暮らし男性にとってあまり実用的ではないかと思います。

ここでは「ランチジャー」と「丼ものタイプ」に絞ってご紹介していきます。

 

オススメのランチジャー

【サーモス 保温弁当箱 ご飯1.8杯(0.8合)用 DBQ-362MTBK】

ランチジャー

サイズ
約 幅20.0×奥行10.0×高さ11.5(cm)※専用ポーチを含みません。
箸 約 19.5(cm)、重量:約 500g※専用ポーチを含みます。

内容量
ごはん容器:360ml、おかず容器:230ml×2個

材質
おかず容器フタ:シリコン、おかず容器本体:ポリプロピレン、ごはん容器フタ:ポリプロピレン(発泡ポリプロピレン内蔵)、ごはん容器本体:ポリプロピレン、箸:PBT樹脂、箸ケース:ABS樹脂、保温ケース:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)

備考
各容器・フタ・ハシ・ハシケースは食洗機対応
保温効力(6時間):保温ケースのみの場合、54度以上
保温ケースを専用ポーチに入れた場合、57度以上

 

オススメの丼ものタイプ

超軽量保温丼ランチジャー / ファインスタイルBK

丼ものタイプ

サイズ
本体=直径13.1×高さ15.2cm 専用バッグ=直径14×高さ16cm

内容量
実容量:800ml(中容器300ml)

材質
本体=ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装) フタ=ポリプロピレン(中材=発泡スチロール) 中容器・中容器フタ=ポリプロピレン パッキン=シリコーン 底板=エラストマー樹脂 バッグ=ポリエステル(中材=発泡ポリエチレン)

備考
●どんぶりメニューが楽しめる弁当箱!食べ時に具材をご飯にかける後乗せ構造なので、ご飯が汁でふやけない。
●断熱材入りで保温・保冷力キープ。
●パッキン付きで汁気の多いカレーやシチュー、パスタなどの麺類もOK。
●ごはん容量は、お茶碗およそ2.5杯分。(一杯の目安約200ml)
●専用バッグ付きで持ち運びに便利。
●フタを外して電子レンジOK。(中容器のみ) 食洗機対応。(フタ・中容器のみ)

一人暮らし男性におすすめな、栄養摂取方法のご紹介

野菜の摂取不足には、青汁がオススメです。
【一人暮らし男性の節約料理生活】おすすめの青汁で足りない栄養を補おう!
私はアラフォー一人暮らし男性です。 できるだけ外食を避け、自炊生活を心がけています。 もちろん食費の節約もありますが、外食では栄養が偏りがちになるイメージがあるためです。 しかし自炊であってもやはり、栄養摂取に関し...

魚をあまり食べない人は、血液サラサラサプリメントがオススメです。
【一人暮らし男性の節約料理生活】栄養サプリメントで血液をサラサラにしよう!
一人暮らしの男性は、どうしても外食がちになりますね。 外食だと、牛丼店、ラーメン店、カレー店、唐揚げ店などが多いですよね。 そうすると、摂取できる栄養が炭水化物や動物性たんぱく質が中心になってしまいます。 ですので、自炊を...

食材の宅配サービスもおすすめです。
【一人暮らし男性の節約料理生活】たまには食品宅配サービスを利用しよう!
私はアラフォー一人暮らし男性です。 できるだけ自炊を心がけています。 その目的は、食費の節約と、栄養面です。 外食では、食費もかさみますし、炭水化物中心になってしまいますから。 ですが、なかなか自炊をする時間がないの...

カテゴリー
一人暮らし男性の節約料理生活
アラフォー男性のヘルスケア
タイトルとURLをコピーしました