【一人暮らし男性の節約料理生活】おすすめの青汁で足りない栄養を補おう!

おすすめ青汁 一人暮らし男性の節約料理生活
スポンサーリンク

おすすめ青汁

私はアラフォー一人暮らし男性です。

できるだけ外食を避け、自炊生活を心がけています。

もちろん食費の節約もありますが、外食では栄養が偏りがちになるイメージがあるためです。

しかし自炊であってもやはり、栄養摂取に関しては不安です。特に野菜類が付属しがちです。

そんな時はどうすればいいのか?

答えは「青汁に頼る」です。

青汁は凝縮した野菜エキスだと思ってください。

現代では、忙しい仕事人のために、このような栄養摂取方法もとても合理炊きだと思っています。

今回は、一人暮らし男性にとって、不足しがちな栄養と、それを補う健康補助食品の青汁についてご紹介していきます。

一人暮らし男性の不足しがちな栄養について

一人暮らし男性は、外食が多くなれば脂肪分を多く含んだ炭水化物ばかり取りがちになります。ラーメンや牛丼やカレーなどですね。

夜は栄養を考えて自炊をしていても、朝と昼はどうですか?

朝食と昼食は、なかなか栄養のある献立は選択できていないのではないでしょうか?

一般的に、人に必要な栄養としては大まかなくくりで言うと、ビタミンとミネラルと食物繊維たんぱく質です。

一人暮らし男性はどうしても炭水化物中心の食生活になりがちなので、このあたりの栄養を摂取できていません。

現在は体に不調はないものの、この先ずっと一人暮らしで自炊を続けていれば、どこかで栄養不足の症状が現れるかもしれません。

健康補助食品やサプリメントはそのような栄養不足を効果的に補ってくれます。

人工的な薬に頼るなんて…と抵抗がある方も少なからずいるでしょうが…青汁は自然界にある植物が主成分なので、それは偏見です。

食文化の西洋化がすすみ、元来からの日本食を食す機会が少なくなってきています。

今後は青汁のような栄養摂取方法もあたりまえになってくるでしょう。

青汁について

青汁とは

健康食品の一つで、緑色の植物原料を主成分とした飲料です。

昔はその独特の苦みから、罰ゲームなどに利用されることが多かったのですが、昨今ではその味は見直されています。

はちみつや果汁の甘味料が添加されて、飲みやすくなったのです。

また、飲料中心だったものが、今では錠剤、粉末、冷凍ものも発売され、非常に親しみやすくなっています。

青汁の成分は何?

青汁は3っつの主成分で構成されています。

【大麦若葉】
青汁の主成分
大麦若葉とは大麦になる前の若い葉のことです。

「SOD酵素(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)」や食物繊維、ビタミン類やミネラル類を多く含んでいます。

【ケール】
青汁の主成分

緑黄色野菜の中でも栄養素が非常に多く含まれていて、野菜の王様とも呼ばれています。 カルシウムやβ-カロテン、ルテインを多く含んでいます。

【明日葉】
青汁の主成分

食物繊維やビタミン、ミネラルの含有量が豊富という特徴があります。 カルコンと呼ばれるポリフェノールの一種や、葉酸が多く含まれています。

青汁を飲むとどのような効果が期待できるの?

青汁に豊富に含まれる栄養素は、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維、クロロフィルなどです。

食生活での野菜不足を補うという期待がメインです。

それぞれ、どんな効果が期待できるのかチェックしていきましょう。

【βカロテン】
βカロテンは体内で必要な量だけビタミンAに代わります。ビタミンAは、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEなどの他の栄養素の働きを補助してくれる役割があります。

また、有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用や、免疫を増強する働きがあります。

その多、βカロテンには
①視力の維持 
②皮膚や粘膜を丈夫にする 
③肌の奥の隠れジミ(シミ予備群)を減らす 
④免疫力を高める
といった効果も期待できるようです。

【ビタミンB1】
ビタミンB1は、体内で炭水化物(糖質)をエネルギーへ変換する際に欠かせないビタミンです。炭水化物(ブドウ糖)が好きな方にピッタリの栄養です。不足すると、エネルギー交換ができる疲れやすくなったり、だるくなったりします。

また、脳の中枢神経や手足の末端神経の機能、心機能の正常化にも関わっています。

脳も炭水化物(ブドウ糖)を分解してエネルギーを作るため、ビタミンB1の不足は、記憶力の低下や情緒不安定、うつ病などを引き起こす可能性があります。

【ビタミンB2】
脂質の代謝に必要なビタミン、それが「ビタミンB2」です。

主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。

肌荒れなども解消してくれます。

【ビタミンC】
老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質」が注目を集めています。その代表格が「ビタミンC」です。

シミ、くすみ、たるみ、毛穴、ニキビなどなどの肌悩みにマルチな効果を発揮してくれる美容成分でもあります。

【ビタミンE】
ビタミンEは抗酸化作用をもつビタミンです。抗酸化作用とは、活性酸素等によって脂質などが酸化してしまうのを防ぐ働きです。そのため「若返りのビタミン」と呼ばれるほど美容効果が高いです。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果がるようです。

【カリウム】
インスタント食品や加工食品による塩分の過剰摂取。そんなとり過ぎた塩分を排出する役割をもった栄養素がカリウムです。

【カルシウム】
骨や歯の構成、健康に欠かすことのできない栄養がカルシウムです。体内のカルシウムのほとんどは、骨と歯です。

【鉄分】
全身に酸素を運搬する働きがあります。また、貧血の予防・改善効果もあります。

【食物繊維】
便通を促して、有害物質を排出する役割があります。これがメインの効果ですが、糖尿病予防、コレステロール値を下げる働きもあります。

【クロロフィル】
血液をサラサラにしコレステロール値をさげる効果デトックス抗酸化作用動脈硬化の予防免疫力アップが期待できます。

オススメの青汁をご紹介します!

メーカー/商品名価格1回分の価格特徴
①極濃

初回のみ ¥1390
2回目以降 ¥3680
初回分 ¥46
2回目以降 ¥123
・生搾り製法だから「栄養の吸収率が抜群」
②モリンガ

初回のみ ¥1750
2回目以降 ¥3150
初回分 ¥58
2回目以降 ¥105
・フルーティな味わい
・初回にシェイカーをプレゼント
③緑の習慣

初回お試し¥500初回分 ¥71・飲みやすさにこだわった抹茶風味
④青汁ゼリー

2か月まとめて ¥59671日1回 ¥70・ぷちぷちパインとリンゴの青汁ゼリー
⑤大豆と青汁

初回のみ ¥980
2回目以降 ¥3580
初回分 ¥16
2回目以降 ¥59
・飲みやすい錠剤タイプ
・青汁だけでなくたんぱく質も摂取できる

※「初回限定価格」「お試し価格」は2回分の注文が条件、または、定期購入契約が必要という場合もございます。

メーカー公式サイトは画像をクリック


【①極濃】

●こちらの青汁は、「生きた酵素」で若々しさをキープします。
● こちらの青汁は、生搾り製法の為、野菜の細胞壁が破壊され栄養の吸収性が抜群です。
●無添加(保存料、着色料、香料、甘味料)
●1袋で乳酸菌150億個! 1袋1杯あたり乳酸菌がヨーグルト15個分の150億個!
●コラーゲン配合 コラーゲン配合でいつまでもプルプル潤う若々しさをキープ。


【②モリンガ】

●今話題のスーパーフード「モリンガ」を配合!奇跡の木と言われる「モリンガ」は7大栄養素を含み 抜群に栄養価が高いといわれています。モリンガを摂ることでビタミンやミネラル等の野菜の栄養も 簡単に補うことができ、日々の野菜不足サポートにぴったりです。
●5種類のフルーツをブレンド!甘くて飲みやすいフルーツ青汁。 毎日続けて頂きたいからこそ、飲みやすさにこだわりました。


【③緑の習慣】

●タケダが注目したユーグレナと3種類の青汁野菜で栄養バランスにこだわったタケダの青汁です!
●ユーグレナは野菜・魚・肉に含まれる豊富な栄養素が含まれており、人間が生きるために必要な栄養素の多くをまとめて摂ることができます。
●大麦若葉、明日葉、ケールを配合した青汁は全て国産の野菜を使用しております。


【④青汁ゼリー】

●「本当に美味しい青汁ゼリー」を目指して 創業100年の医薬品メーカーに勤める青汁のスペシャリスト「青汁マイスター」が 約11年かけて開発した「ぷちぷちパインとリンゴの青汁ゼリー」。 「青汁」の概念を破るフルーティーな食べる青汁ゼリーです!


【⑤大豆と青汁】

●飲みやすい錠剤タイプです。
●青汁にはたんぱく質不足という弱点が・・・ そんなあなたに青汁と大豆のたんぱく質を同時に摂れる 「大豆と青汁」を開発しました!


 

カテゴリー
一人暮らし男性の節約料理生活アラフォー男性のヘルスケア
アラフォー男性のヘルスケア
タイトルとURLをコピーしました