日曜大工でそろえたい電動道具のご紹介。

棚の作成途中 未分類
スポンサーリンク

ウッドデッキ日曜大工 自宅に棚を作成したい。

ウッドデッキ(テラス)を作成したい。

ベッドを作成したい。

などなど、家具を購入するのではなくて、ご自分で作ってみたいという方は多いと思います。

特に、これは男性が圧倒的に多いと思います。

 

ご自分で作ろうと思うきっかけというのはいろいろありますが、

・既製品ではなかなかしっくりと来るサイズがないので、自分で作ろうと思う。
・既製品では、料金が高いので自分で作ろうと思う。
・作成自体を楽しみたい、また形のある思い出に残した

という想いの方がおおいのではないでしょうか?

しかし、実施に作業では、のこぎり、金づち、などでは効率が悪すぎます。

そこで、今回は、日曜大工素人セミプロの私が、これから日曜大工に挑戦してみようと考えている方に、揃えておきたい電動工具についてご紹介していきます。

日曜大工には必ず必要、インパクトドライバー(ドライバーの代わり)

作業には、木材と木材をつなぐときに、木ネジで締めます。しかし、手締めではとても難題が多いです。

もともと作業キットとして売られている場合は、説明書に沿って簡単に作っていくことができますが、ゼロから行う場合は、そうは行きません。

そこで、ものすごく役にたつ電動工具が電動ドライバーです。

電動ドライバーでも、種類がありますが、私のおすすめは充電式(バッテリー)インパクトドライバーです。

これがあると、「下穴あけ」「ネジ締め」「ネジはずし」という作業ができます。

そして、大切なことが、充電式(バッテリー)であるという事。

今では当たり前の様に充電式(バッテリー)の電動工具が売られていますが、昔はコード付きのタイプが多かったのです。

コート付きは、充電しないと使用できなくなるという不安はありませんが、やはりコードの長さに限界があったり、コードが邪魔で作業がしずらかったりとデメリットの方が多いです。

ぜひ、コードレスの充電式対タイプがオススメです。

 

また、プロ用のインパクトドライバーになると、充電池とセットで¥40,000ほどと高額です。

プロではなく日曜大工程度で使用するのであれば、¥15,000程度のもので構いません。

このクラスの物でも、十分はパワーがあり、しかもバッテリーも2個付き、バッテリー充電器本体も着いています。購入後5年ほど経ちますが、故障もありません。

もし、私が今のインパクトドライバーが使えなくなった場合は、また同じものを購入します。

日曜大工にあると便利な丸ノコ(電動ノコギリ)

日曜大工では、木材を使用することが多くなります。

そして、意図した長さに切るという作業が頻繁に出てきます。

そこであると便利な道具が、電動丸ノコギリ。

普通ののこぎりの欠点は、腕が付かれる、という部分です。

電動残りぎりにはその心配がありません。

 

実際に使用してみると、マイナス点を感じる事がありますが、それは

・音が売るさい
・キリくずが対象に発生する

という点です。

この点から、室内での使用はNGです。

前述のインパクトドライバーは室内でもOKですが、電動丸ノコはNGです。

 

ですので、これを使用した日曜大工というのは戸建ての駐車場などになりますね。

(風のある日は、切りくずが周辺に激しく舞うので、ご自宅はもちろん、ご近所さんの洗濯物を汚しますので、使用には注意が必要です。)

こちらは、コード式です。

できれば充電式が望ましいのですが、かなり高くなります。

前述のインパクトドライバーは充電式でも安価なタイプがありますが、丸ノコで充電式となると、一気に高額になります。(^^;)

私も、日曜大工で使用する程度ですので、丸ノコギリはコード付きの安価なタイプを使用しています。

やはりコードが煩わしいのは否めません。

日曜大工にあると便利なオービタルサンダー

オービタルサンダーとは細かく振動する電動工具です。

日曜大工での主な用途は、やすり掛け。

木材をカットした時には、その面がザラザラです。そのままではとげが刺さってケガをすることがありますね。

そういった場合に、紙やすりでザラザラ部分を滑らかにします。

小範囲なら手で行えばいいのですが、長く広い範囲にはオービタルサンダーに紙やすりを取り付け一気に滑らかにできます。

 

おすすめのサンダーがこちらです。これにホームセンターで購入できる紙やすりを取り付けていきます。(紙やすりはできれば裏側がマジックペーパー式になっていると簡単に取り付けられるのでオススメです。)

日曜大工(DIY)のポイント

日曜大工の重要なポイントがあります。

それは、設計です。

材料の購入の前に、まずはフリーハンドでいいので、白紙に設計図を書き落とす事です。

あからじめ、どのような作品を作りたいのかなんとなくでも頭の中にぼんやり浮かんでいると思います。

そのイメージを具現化するのです。

立体的な設計図を書くのです。

その後は、必要な材料を長さ(寸法)を含めて書き落とします。

そして、ホームセンターで材料購入とともにカットも同時に行ってきます。

※ホームセンターでは購入した商品を指定の長さにカットしてくれる(有料)があります。ホームセンターでカットを済ませておくと、かなり作業が楽になりますから。

 

私が日曜大工をするときの実際の主な作業と言えば「ネジ締め」です。

 まとめ

日曜大工レベルで使用する電動工具はこの3点くらいでしょうか。

インパクトドライバーは必須アイテムです。

日曜大工以外でも、いろいろな場面で使用できますので。

 

他の2点(丸ノコ、オービタルサンダー)はあると便利というだけで、なくてもかまいません。

ただし、ノコギリで長物をカットする時には、かなら疲れますので、丸ノコは便利です。

 

日曜大工には、伝工具以外にも、

L型定規

メジャー

クランプ

鉛筆

が必ず必要になります。

 

私が過去に作成した主な作品

これは、ウッドデッキです。私の日曜大工人生の中で一番の大作です。自分の本職の仕事後や休日にコツコツと進めました。ひと月くらいかかりました。

ウッドデッキ日曜大工 

これは棚の作成途中です。まだ骨組みしかありませんが。棚の作成途中

これは、子供机です。2人用の連番机です。既製品では思うようなサイズがなかったので、DIYしました。イスも自宅、引き出しつき、棚つきです。子供机

これは、子供部屋の棚です。かなりシンプルです。棚 日曜大工

カテゴリー
未分類
アラフォー男性のヘルスケア
タイトルとURLをコピーしました